読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪鳥の記憶

趣味とかの記録

好きになるその瞬間を。にぶん殴られた話

映画「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」を見てきた。
昨年末頃から突如と色んな人達が墜ちていく様がTwitterで散見され、気になっていた。
結果として、何故か二日間で2回も見てしまった。
その感想の記録。

f:id:yukidorix:20170109181835j:plain

ざっくり感想

2回も見ておいてなんだが、(個人的には)物凄く感動するといった映画ではなかった。
いやまぁメインターゲットが女子中高生なんだし(※1)というところではあるが、一般的な映画が「生姜焼き定食」や「フレンチコース料理」を提供するとすれば、この映画には「苺のショートケーキ」的な良さがあった。
食事にするのは辛いが、パクっといけて甘くて美味い、そんな映画である。

というのはこの映画、

  • 上映時間約1時間という圧倒的短さ
  • 最初から最後までずっと恋愛してるだけ
  • ストーリーは恋心の変化のみで、障害を乗り越えたり超常的なことが起きたりすることはない

という割り切った構成になっていて、まさに恋愛のみでスパーン!とぶん殴るための映画としか思えない。
ただそのグーパン特化っぷりはなかなか素晴らしく、前情報無しの1回目でもスパーン!と気持ち良く殴られたので、オタクは予習無しで1回殴られに行けばいいと思う。

兎にも角にも、エンディングが最高に強い。

※1: ~主なファンは恋愛に関心のある女子中高生である。CDを購入しているのは、15歳から20歳、30代はほとんどおらず、子どもたちに頼まれて買う40歳から50歳の親世代である。~
告白実行委員会〜恋愛シリーズ〜 - Wikipedia

もう少し感想

とまぁ、語彙の無い感想を並べるだけでもいい気はしたのだが、もう少しだけ。

この映画、HoneyWorksというクリエイターユニットがニコニコ動画に上げている「告白実行委員会 ~恋愛シリーズ~」という楽曲シリーズが基となっている。

honeyworks.jp

要はボカロを使ったストーリー性のある楽曲シリーズである。
また、他へのメディア展開も結構されていて、小説が出ていたりCDが出ていたり、そもそも映画化も2作目である。

そういうわけで1回見終えた後、もう少し摂取したいなと思い、動画郡をさらっと見てから2回目の鑑賞に臨んだ。

その上で思った感想は「ああこれ気持ちいいな」。
恋愛って結局のところ、それぞれがひたすら自分の思いと向き合うだけだと思う。
動画シリーズでは、それぞれのキャラがメインとなる楽曲で各々が自分の恋心と向き合っている。
なんだけど、楽曲に収めているだけあってモヤモヤが大体数分でスッキリする。
1曲で片付かない組も何曲か聴けばスッキリする。
そんな幾つもの動画が集合体となって、色んな矢印が行き交う恋愛模様を描く立体的な青春世界を作り上げている。
そして本映画を見ると動画シリーズで知った各キャラの心情を目で追いながらも、しっかりと雛ちゃんに感情移入して恋心を味わうことが出来る。
そうするともうね、ただ見てるだけで気持ちいいんだわ。
恋愛の気持ちいい部分を見れるのは(おっさんでも)楽しいんだよ。

ちなみに2回目を見終えた後に1作目をBDで見たけど、2作目の方が面白いね、うん。
特典の「日曜日の秘密」フルバージョンは最高だった、こっちが本編では。

#ショートバージョン貼っておくね

www.nicovideo.jp

最後に

思えば2016年は捻った物語を置かず、ストレートにやりたいことだけやってぶん殴る映画が多かったように思う。
「KING OF PRISM」、「シン・ゴジラ」、「この世界の片隅に」。
(「君の名は」は見てないから分からない、ごめん)
どれも名作だった。
そして、この映画も「(女子中高生向けに)恋愛だけを描いた映画」という恋愛界のド直球映画である。
その気持ち良さが刺さる人にとっては、この作品もまた名作である。