読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雪鳥の記憶

趣味とかの記録

舞台感想「スパイスアップ・ナイトパレード」

珍しく単発感想。
★は個人的好み度。一般的な出来の良し悪しを評定する気は無い。

2017/04/30 劇メシ JUNCTION 第一弾「スパイスアップ・ナイトパレード」 ★★★☆☆

Twitterで母体の「劇メシ」からフォロー芸を食らったので興味を持って観に行った。

分岐型演劇という風変わりな形式。
舞台は4階~6階のクラブ風のパーティ会場で行われ、登場人物がストーリーに合わせてそれぞれ動き回るのでどれかを追いかけるスタイル(必然的にオルスタ)。
物語構成上、自分達もそこで開かれる「ナイトパレード」の参加者であるという形で観ることになる。
物理的に近い距離で演技されることに加え、自分で足を動かしての参加型なので精神的にも物凄く近い距離感となる。

体験としてはとても楽しめたが、エンディング付近の構成はやや強引に感じた。
演技に凄みがあれば引き込ませることも出来たかもしれないが、そこまでを要求するのは酷。
あとは、物語上の捻りも何か一つあればぐっと引き締まったのにと思うのが勿体無い。
スッキリ解決させたと見せかけて「いや、あれってもしかして本当は…」みたいなゾクッとする想像をさせる伏線をひっそり残して終わらせるとか(ただし1回しか観ていないので、分岐として観れていないだけの可能性はある)。

勢いで楽しめるエンターテイメント感は素晴らしかったので、第二弾が来たら観てみたい気はする。